星空と大地と陽炎

さあ、「陽炎」に関して考えてみたいんだ。そんなに難しい事って無い気がするんだ、「少年」の特徴とかはね。
ページの先頭へ
トップページ >

陽の見えない土曜の深夜は熱燗を

一般事務で就いていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにお金持ちだった。
小さくて可愛らしくてとにかく元気な、動物大好きな先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、そこそこ運動を行っている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
少し前に、マンションに訪れたことがある。
一等地にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見えていた。
その先輩、可愛くてきれいなシャムネコと同棲していた。

のめり込んで話す彼と横殴りの雪
オフィスで着用するパンツスーツを手に入れに行った。
コムサでモード等フォーマルなショップも良いけれど、109も悪くないと思う。
20代くらいのハキハキとした女性向けの服屋で体のラインが出る服が多いのが特徴。
金額はショップによって差があるのはもちろんだが、大体は安め。
中で、スーツを選んでいたが、小さめの物ばかり売られていた。
着た感じも、普段より都会的に見えるような気がする。
良い服選びが達成できて、ちょっとうれしかった。

余裕で口笛を吹くあいつと霧

近くのスーパーで夕飯の買い物をしていた。
冷凍食品のcornerドリアをさがしていた。
いろいろ見ていたら、ハングルで書いてある商品を発見した。
良く見て確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
この秋、ミョンドンへ遊びに行ったときに、何回も韓国まで渡航している親友に勧められたのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷凍食品として、トッポギが発売されてるなんて、純粋に驚いた。

暑い木曜の午後に椅子に座る
晩酌などのお酒のお供に、カロリーが低く健康に良い食材を!と考えている。
しばらくのお気に入りだったのは、焼いた葱。
それ以前はまぐろ。
そして、近頃は、鰻だけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新たなおつまみを考え出した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、バターで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
かなりコストは低いし、カロリーも低い気がしませんか。

よく晴れた大安の昼に想い出に浸る

季節の中で、雨の多い梅雨の時期がお気に入りだ。
部屋はじめじめするし、外に出れば濡れるけど。
それは、子どもの頃、雨の日に見たあじさいがきれいで、以来紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
長崎で知り合った、シーボルトとお瀧のあじさいデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて来日してきた、医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言う。
梅雨に可憐に咲くあじさいを見ながら何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが変化して、アジサイはオタクサと別の名を呼ばれるようにもなったらしい。

雲が多い火曜の夕方に焼酎を
夏にあったことを今年はやっていないが、友人たちと来週、コテージを借りBBQをやる。
例年のお決まりだけれど、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが二人なので、たいそうたくさん火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女の人は不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
しかし絶対に皆でお酒をがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように気をつけよう。

じめじめした木曜の昼は焼酎を

営業用で何枚かスーツに似合うシャツを購入しているけれど、いつも購入するときに多く試しに着てみる。
それくらい、シャツのかたちにこだわるのも珍しいと思っていた。
しかしながら、前回の仕事で、シャツはオーダーメイドしてもらうと、こだわっていた方がいらっしゃったので、非常に驚いた。
けれど、シャツだけでかっこよく見えるので、いいかもと考えた。

怒って跳ねる姉ちゃんとオレ
此の程は、近所の釣り場に道具を持っていってない。
業務で非常に過密スケジュール行けないのもあるが、しかし、たいそう蒸し暑いから、出かけづらいのもある。
それに、業務終わりに近くの漁港を眺めても多く釣れている雰囲気が見えないから、楽しみにして出かけたいとは思わない。
すごくうんとあがっていたらすぐにでも行きたくなるだろうな。

目を閉じて叫ぶ友人と夕焼け

さやかちゃんは見た感じだけではのんびり屋に見られるようだけど、アクティブな女性。
夫と、2歳の賢治くんと、3人でフレンチレストランのななめ向かいの一軒家に住んでいる。
正社員の仕事も子育てもささっと行い、忙しいけれど、時間の使い方は得意。
ちょっとでも暇を見つけると、今日暇?と絶対連絡をくれる。
私は頻繁にクッキーを購入し、彼女のうちにおじゃまする。

自信を持って走るあいつと冷めた夕飯
ちかこと福岡市内のアバクロに入った。
2人ともAbercrombieのセレブっぽいコーデが気に入っている。
そして、お店の中の空間デザインと、この香りが。
2時間くらいみて、店を後にした。
気付いたら、私が歩道をふさいでいたので、ごめんなさいと言い振り返る。
すると、店員さんだと思っていた男性。
笑って、ありがとう、など言われた。
驚いたのは、彼の荷物。
アバクロンビーでどんだけ購入したの?って疑問が生じた。
その後、スターバックスでちかことそのお兄さんの職業当てで議論をした。
アンサーは永遠の謎だけど。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 星空と大地と陽炎 All rights reserved.