星空と大地と陽炎

たとえば、何も知らないエイリアンに「オジサン」のことを説明するとしたら、どんなふうに説明する?「漁師」の特徴とか、いやいや、そもそもこの世界の説明からするかもしれないね。
ページの先頭へ
トップページ >

熱中して大声を出す妹と夕焼け

歌舞伎町のキャバのお姉さんを見ると、大変だろうなーと思う。
それは、磨き上げたルックス、マナー、それらに対する努力。
お客さんに完全に勘違いをさせないで、ビジネスだと理解してもらいながら、また店に来てもらう。
たまに、もしかしてコイツ、自分に本気なのかな?と思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな職業よりも、絶妙だ。
それは置いといて、私は人気のホステスの収入が非常に聞いてみたい。

どしゃ降りの祝日の朝は食事を
今時のネイルブースは、スカルプチュアなど、とても高い技術が使用されているようだ。
ちょっぴりサービスしてもらえる招待券を譲ってもらえたので来店してみた。
かなり、色や雰囲気に対して、優柔なので、決めるのに時間がかかった。
小指だけシンプルなアートをしてもらって、感動し上機嫌になった。

のめり込んで口笛を吹くあの人と夕立

人それぞれに、物の趣味や気になるものがあると思っているけれど、それらを聞いてみるのが大好き。
友達に質問してみると、まとまったお金、良い生地のランジェリー恋人の事が好きで仕方ないとの事。
プラス、男の人の血管の出た手。
それと、ドイツ語のひびき。
私にはわからない。
りんごあめ、素肌の上に薄手のニット、かなり薄めた香水、声の低い女性が好きだと、伝えた。
正に理解できないと言われた。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

雪の降る仏滅の晩は窓から
晩酌に、アサヒビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に外に出かける仕事をしないときに限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、マンションの近くでワインショップを発見して、父の日のために購入したことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円のワインを探しています」などと話して。
実家に贈った、ワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
このことから、あまりワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと感じる時間を過ごせるなら、お金や質にはこだわらないと決めた。

前のめりで踊るあの人と紅葉の山

夕刊に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、興味深い事柄が載っていた。
理由を知ると、急に色気まで感じられるので面白い。
目にするだけでは、奇妙なものにも感じる場合もあるが、江戸時代では既婚者である女性の印だという。
真相を知ると、いきなり色気まで感じられるので面白い。

勢いで踊る君とわたし
久しぶりに、明日香と麻衣子と旅行に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた学生時代の友人で、一緒に学んだ仲です。
しかも、力を入れていたのが国際観光と英検だったので、旅が大好きな学生たちであふれていました。
とくに、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で色んな土地へ旅をした思い出は忘れられません。
私は元々そんなに仲のいい友達が多い方でもないし、それで十分だと思っています。
という事で、単純にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足しているような顔をしていたのも喜ばしい事でした。

悲しそうに話す彼女とファミレス

富士には月見草がよく似合うと言うよく知られる名言を書いたのは作家の太宰だ。
太宰治は、バスで、御坂を越えて、今の甲府市まで行く途中だった。
同じバスでたまたま乗り合わせたお婆ちゃんが「あら、月見草」とつぶやく。
そこで、振り返った太宰の目に入ったのが月見草、そして富士山である。
富岳百景のこの部分は、名峰富士を説明するときに欠かさない。
他にも作品に登場する、3776mの名山だ。
どの角度から見てもおんなじように整った形をしているために、八面玲瓏という表し方がよく合うと伝えられる。
間違いないと思う。
私が感動したのは、夕焼けの富士山だ。

気分良く話す君と季節はずれの雪
先日、番組で、マックのチキンナゲットの味を味わえるレシピというふうに紹介していました。
すごくうまそうだと感じて、妻にしてもらったが、マックチキンの味では絶対にないけれどうまかったです。
味わってみたら衣がちょっと違ったのだけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚では、わずかの差はわからなくて非常においしかったです。

雲が多い大安の晩に昔を思い出す

まだ行ったこともない寒い寒いロシアに、絶対行きたいという夢を抱いている。
英語の勉強に挫折しそうになった時、ロシア語を少しだけやってみようかと思い立ったことがある。
でも、書店で読んだロシア語基礎のテキストの最初だけで一時間ほどで英語にもどった。
verbの活用の種類が突き抜けて複雑だったのと、私ができない巻き舌だ。
旅行者としてウォッカとロシアの料理を味わいに行こうと思う。

よく晴れた月曜の夕方に熱燗を
気になってはいても行ったことはない、だけれども、しかし、昼間ではない動物園は、夜に動く習性の動物がとっても動いていて見て楽しいらしい。
前から知っていても、昼間ではない動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ大きくなったら見に行ってみようと思う。
もう少し怖がらないようになったら、絶対に、子供も喜んでくれるだろうから。
ふだんの動物園と異なった景色を俺も妻も少々、経験してみたい。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 星空と大地と陽炎 All rights reserved.